屋久島未来ミーティング

約1万2500人がくらす屋久島。 30年後、屋久島の人口は1万人を下回ります。 地域の人材不足、産業、福祉、教育や環境の問題。 さまざまな問題が想定されるなかで、 島にくらす私たちに何ができるのでしょうか? 100人の屋久島への想いを共有し、未来を語り、自分自身の小さな一歩を踏み出す場です。

第二部未来プレゼンテーションプレゼンター紹介vol.6 阪根 充さん

屋久島未来ミーティングは、「学ぶ」「知る」「考える」の三部構成になっています。 第二部「知る」では、屋久島の新たな未来のカタチに挑戦する18名のプレゼンターによる1分間のプレゼン発表していただきます 

 子育て、福祉、環境、観光、漁業、行政など様々な観点から地域の現状を感じていただくと同時に、その先に見ているビジョン(未来)を共有します

本日は、屋久島サウスビレッジ 阪根 充さんの紹介です!

f:id:yakushimamiraimeeting:20200124215843j:plain


 

1.チャレンジしてきたこと・そのきっかけは?

屋久島の関係人口を増やしたい。具体的には、一次産業との連携や関係案内所の開設など。
宿泊業に従事しているが、観光客減・人口減による経営環境悪化を実感している。待つだけでなく、
自分からファンベースを増やす必要がある。自分の商売だけでなく、オール屋久島として。


2.やっていく先で描いている未来

屋久島で暮らしたい人、屋久島が好きな人が集まる場として屋久島サウスビレッジが「村」として自
主的に運営され、島外の「関係案内所」が人・もの・金を送りこむ役割を担う。自分自身は「旅する
営業マン」として遊び回る。結果として、それが屋久島全体の活力維持の一助になると嬉しい。


3.普段の活動風景写真とキャプションについて

  

f:id:yakushimamiraimeeting:20200124215903p:plain

スタッフとランチミーティング

4.今回みなさんと分科会で話したいテーマ・ワークショップについて一言!

島外に拠点を作る

 申し込みはこちら

forms.gle

 

 屋久島未来ミーティング詳細はこちら

yakushimamiraimeeting.hatenablog.com

 

昨年の様子はこちら

yakushimamiraimeeting.hatenablog.com